Posted by at

2016年04月05日

窓口で無料にすると

いま、千葉県で問題になっていること、国政で取り上げたら良いと思う事など、アドバイスも含め、さまざまな話を伺うことができました。

シホンケーキまで用意して下さり。
これは、例えば、子どもの医療費を窓口無料にすると、国から、各自治体に給付されるお金が、減らされるという話です。


子どもの医療費無料化は、女性団体などの長年の取り組みと、日本共産党の議会での追求によって、全国どこでも対象年齢の差はあれ取り組まれています。

しかし、国は、医療費が必要以上に増えることになるので、その増えた分は、「あなたたちが勝手にやったのだから、国はお金を出しません」と、自治体に給付するお金を削るというやり方をしています。

せめて、子どもの医療費ぐらいは無料に!というのは、子育て応援、
少子化対策からいっても、当然の流れです。

本来、国がやるべきことを、各自治体が財政をやりくりしながら、無料化の努力をしている時に、冷水をかけるやり方は、本当に許せません。
「こうゆう話が出来るようになるなんて嬉しい!」と、みなさん歓迎して下さいました。

今後も、県議のみなさんとの連携を強めて行きたいと思います。


  


Posted by 主が不在の間 at 04:05Comments(0)

2016年04月02日

どんな記事になるのか

この間、「URは、もっと収益をあげろ」と、国の閣議決定によって、統廃合や家賃の値上げなど、様々なことが問題になっていること。
高齢化が進んだもとで、自治会などが取り組んでいる見回りを、企業の儲け口にしようと狙われている問題など、さまざまなことご話題にのぼりました。

今後、千葉県内の状況も聞き取りを行わなければと、問題意識が深まりました。
時間以上に渡って、生い立ちや、日本共産党に入党した思い、
候補者活動や、当選していこうの事など、好き勝手なことを話しまくりました。


これを、まとめのは、大変なことではないだろうかと。。。
思いつつ、とても楽しみです。
ありがとうごさいました。

午後は、農協改革の問題について、聞き取りを行いました。

今日最後は、18:30~本会議が招集され、補正予算が採択されました。

日本共産党は、宮本岳志議員が、反対討論に立ちました。

3兆円とも言われる補正予算が、2日間の審議で採択です。
社会保障は削り、軍事費は増やす。
この一貫した姿勢を崩さねばと、決意をあらたにしました。  


Posted by 主が不在の間 at 14:00Comments(0)